選択肢も多様化【一生大事にする結婚指輪のchoice】

アクセサリー

愛の証である結婚指輪

常に輝きを保つために

リング

結婚指輪はどれも高額で、一度だけの非常に大切なものです。なので、慎重に扱う必要があります。種類も様々で、金やプラチナ、ダイヤモンドなど多種多様です。それぞれによってケアの方法も違うので、気をつけることが大事です。 いくら大切に扱うことを意識していても、長い年月が経過すれば、傷がついてくるのは仕方のないことです。そこで、最近は結婚指輪のクリーニングサービスというものがあります。ジュエリーショップではそういったサービスを行っている場合が多いので、傷が目立つようになれば依頼すると良いです。 また、定期的なメンテナンスを行ってもらうことも大切です。常に綺麗な状態を保っておけるように、日頃から意識しておく必要があります。

昔から変わらない

結婚する際に結婚指輪を贈るというのは、習慣的なものとなっています。この習慣は、2000年前から既にあったといわれています。指輪の歴史は非常に古く、基本的な形はそのままで今現在まで受け継がれています。 人間が指輪の使用を始めたのは、古代のエジプト時代からとされています。当時は貝殻や石などがはめられていました。目的もこの頃から様々で、結婚指輪としては勿論、ファッションの1つとしてだったり、戦闘の際の武器としても使用されていました。 指輪は愛を象徴するものとして普及させたのは、古代ギリシア時代の男性であったといわれています。また、薬指には心を繋ぐという意味や、病気を治すという意味があるとされ、薬指にはめるという習慣も普及していきました。